« プチオフ会 | トップページ | 眼科へ »

2011年10月23日 (日)

母の七回忌

今日は、何とかお天気も持ち雨が降らなくて良かったです。cloudsun

ちょっと蒸してましたが・・・。sweat01

本当は25日が命日ですが、今日お寺で母の七回忌法要をしました。

私は一人っ子なのですが、母とは結婚してからずぅ~っと離れて暮らしてました。

最後の5年ほどは、こちらで一緒に暮らしました。

最後は、寝た切りになった時期がありましたが、最後に介護出来て良かったと思っています。

亡くなった1~2年はとっても寂しくて、何を見ても思い出してしまい涙が出て困りました。weep

しかし、悲しんでいても母は喜ばないでしょうし、自分も元気に生きて行かなくてはと、

このブログを「お元気しよう!」という名前で、始めてみました。coldsweats01

今日七回忌法要を済ませて、とってもホッとした気持ちになっています。confident

そして、「お元気しよう!」なんて、妙なネーミングで始めたブログのお陰で、

たくさんのお知り合いに恵まれ、自分が元気にしていられる事が、何よりの幸せです。happy01

日々、家族の中では、いろいろな出来事があり、良い事悪い事多々あって、

大変な事もありますが、いつも思うに「元気なら何とかなる」という気持ちで、

これからも頑張っていかなくっちゃと、改めて思いました。scissors

|
|

« プチオフ会 | トップページ | 眼科へ »

コメント

お母さんの七回忌法要御苦労さまでしたm(_ _)m

子どもの頃は3姉妹の真ん中に生まれたことが嫌で嫌で
一人っ子の人が羨ましかったけど
両親が介護が必要になると一人って大変だね。

生きてるとホントに様々なことが起きるよね。
もしかしたら嬉しかったり楽しかったり感じることより
苦しく辛いことの方が多いのかもしれない。

それでも生きていかなければならないなら前を向かないとね。

一仕事終えてホッとしてるよね^^
お疲れ~beer

投稿: ice | 2011年10月23日 (日) 22時50分

iceさま
こんばんわhappy01
大した事は出来ませんが、母ならこうしただろうなって事を
してみました。sweat01
七回忌(丸6年ですが)、この位経つと、
ひだち薬といいますか、思い出しても涙が出る事はそれ程なくなりますよ。
今日は、午後から古い写真を出して見てましたが、camera
まだ若くて元気な頃の母の姿に、だんだん自分が似てきていて、
またもや自分が歳とったな~なんて、笑ってしまいました。happy02

親に介護が必要になると、日頃から仲良くしている姉妹がいるのは、とっても心強いですよ。うらやま~。

人は、生まれたら死ぬものだって、頭ではわかっているのに、
自分の親の死(身近な人の死)は、受け入れがたいものだよね。
だからよけいそういう死に出会うと、「生きる」という事を
改めて考えてしまうんだよね。think
いずれは自分の行く道だから、さあ、残された人生を
どう生きようか・・・なんてね。
楽あれば苦あり、苦あれば楽あり、その繰り返しだけど、
そうでなくては、人間として成長しないし、相手の事がわかる人には、
なれないものね。
長~い目で見れば、そういう繰り返しの人生が幸せなんだと思うよ。confident

投稿: いすうちゃん | 2011年10月23日 (日) 23時23分

いすうちゃん

法事の前々日に会ってくださったんですね。
準備もいろいろおありでしたでしょうにありがとう。


私は、法事を派手にする関西の大家族の長男の嫁ですので、両親の法事は
大変でした。法事といえば、逃げ出したい気分でした。でも7回忌からは内輪でこじんまりしようということになり、楽になりました。

それに比べ関東の実家は何でも簡略に済ませてしまううちなので、楽は楽ですが、でもどちらが良いとは一概にいえませんね。
沢山の親戚が集まる良い機会でもありますし。

お疲れが出ませんように。


投稿: ふな | 2011年10月24日 (月) 14時40分

いすうちゃんお母様の七回忌法要お疲れさまでした o(_ _)oペコッ
忙しいなかミニオフ会有難うございました

孫ちゃんにも恵まれ仲の良いご家族で過ごされるいすうちゃん
にもいろいろな事もあるかと思いますが

いすうちゃんが元気に過ごせればお母様は喜んでいると思います(*^-^)
お母様の若くて元気な写真を見て自分に似てきたって笑えるいすうちゃん
は本当に『お元気しよう』になりましたね

これからも生きていれば『楽』あれば『苦』もありますものね、そして
悲しいことも、嬉しいことも、でもなるべく笑って過ごしたいねo(*^▽^*)o

投稿: uran | 2011年10月24日 (月) 19時35分

ふなさま
私は一人っ子だし、父は14歳の時に癌で亡くなっているので、
法事と言っても、本当に近くの身内だけで、
お供えやお花をお寺に持って行き、
一通りのお経やお話を聞いて、ただそれだけです。coldsweats01
こういう事は、気持ちが肝心。
とにかく、ホッとしました。
身分相応の事しか出来ません。

関西のご長男のお嫁さんで、ご親戚が多いと、
それは、それは大変な時期がおありだったでしょうね。
お坊さんが、いつも仰るように、
「法事」とは、子孫がいてこそ出来る事ですし、
それを御縁に親戚が集う事に意義があると思えば、
良い機会ですね。happy01

投稿: いすうちゃん | 2011年10月24日 (月) 21時10分

uranさま
いろんな事があっても、
苦しい時程、笑って元気を出して、
頑張っていけば、
何事も前向きに行けるでしょうsign03
ヨン友の輪sign05に助けられながら、
ファイティーンですヨ~ンhappy01scissors

投稿: いすうちゃん | 2011年10月24日 (月) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチオフ会 | トップページ | 眼科へ »